企業情報

スポーツ雑誌・ムック本のデザインをワンストップでお届け!

会社名 有限会社イエロースパー 
ホームページ 「有限会社イエロースパー」格闘技・ゴルフなどスポーツ関連雑誌やムック本を一冊まるごとデザインしています 
住所 〒101-0061
東京都千代田区三崎町3-3-20 スカイワードビルディング6階
☆1階がソフトバンクのショップです☆ 
電話番号 03-3239-0670 
代表者名 貝原 秀哉 
代表者の趣味 読書・装丁。
読んだ書籍の装丁を個人的にデザインするのが最近の趣味です。
デザインしたものはブログにアップしています。 
設立 2004年
☆貝原の個人事務所としては1997年よりスタートしています。 
従業員数 3名 
事業内容 ◆雑誌・ムック本などエディトリアルデザインを中心に、装丁、ポスター、パンフレット、CI、テレビタイトル、パッケージなど「紙」に関するデザインならあらゆるジャンルのものを制作しております。
◆2009年からはweb制作にも取り組み、紙とwebのクロスメディアデザインも行っています。
◆中でもベースボールマガジン社などスポーツ雑誌のエディトリアルデザインは評価をいただいています。 
今後の事業展開
ビジョン
◆扱える仕事のジャンルを広げていく予定です。
◆書籍の表紙の装丁やこども向け書籍などジャンルレスに取り組みたいと考えています。 
取引希望企業 ◆一冊まるごとワンストップでデザインできる事務所をお探しの出版社・編集プロダクションさま
◆スポーツ関連雑誌を扱う出版社さま
◆紙まわりのデザインをしてほしい企業さま
(企業パンフレットやノベルティグッズ、販促チラシのデザインなども承ります)
◆webと紙をクロスメディアで扱いたい企業さま 

代表取締役社長 貝原 秀哉 

エージェントレポート
お仕事について淡々と語る貝原さま。
壁にはお子さんが描いた、似顔絵が飾られ、
良きお父さんの一面も垣間見えました。

ひとつひとつスピーディーにかつ丁寧に
仕事をされる姿勢が、大手出版社や雑誌編集部から
支持されるポイントなのだと感じました。

(取材者:石川 香苗子) 

経営者インタビュー

会社設立の経緯や苦労・そこから学んだことを教えてください。
東京に来て最初の会社で教えられたことは

「見たまま何でもそっくり作れることはデザイナーの基本である」

これは今でも私の強みとなっています。
他のデザイナーに負けないため、そしてクライアントの多様な要求に応えるため
「そのままそっくり作る技術」はオリジナリティにも負けない大切な要素だと思います。
その後もスポーツ専門出版社のデザイン部門で修行を積み、フリーとして独立。

結果として、スポーツ関連の雑誌デザインが中心となっています。
取引の会社も出版社以外に代理店、興行会社、個人のお客様などと広げ、少しずつ仕事も増え、スタッフも増やすことができました。
手がける雑誌・書籍などを教えてください。
「陸上競技マガジン」「ランニングマガジン クリール」「格闘技通信」「メジャーリーグ」「ゴルフトゥデイ」などスポーツ系雑誌のデザインや、実用書などの装丁から造本。
プロレス・格闘技・プロ野球などスポーツイベントや企業のパンフレット・ポスター制作、バス広告にいたるまで幅広く扱っています。

面白い物ではキックボクシングのチャンピオンベルトのデザインを手がけたことがあります。

紙メディアであればあらゆるジャンルのデザインが可能。ステッカーやTシャツのデザインも行います。
印刷できるもの全てのデザインを経験しているのが強みです。
お取引先は幅広いのでは?
そうですね、もともと自分もアメリカンフットボールをしていた経験もあり、スポーツ関連出版社からスタートしました。
ベースボールマガジン社、ゴルフトゥデイ社や、総合出版社ではコアマガジン社、株式会社ぴあなどです。

多くの場合は過去のお仕事からの繋がりが広がって次の仕事が生まれることが多いです。

また、スタッフに編集・ライター・カメラマンもおりますので、編集からデザインまで一度に手がけることも多いです。
今後の事業展望をお教えください。
スポーツにとどまらず、ジャンルレスにデザインを手がけていきたいと考えています。
大手から個人のお客様までが満足できる、永久保存版にしていただけるようなデザインを心がけています。
web制作も扱えるようになったため、紙・web双方のクロスメディアで連携したデザインも手がけていきたいです。

個人的には子育ても経験し、育児関係の出版物を手がけたり、装丁家としてもさらに活動したいと考えております。

この企業と取引したい(この企業のホームページへリンク)